愛犬“苺&ジャム”のことや “ダイちゃん”と、ワタクシ “なごむ”の日常など。
by nagomu_desu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
苺ジャム(わんこ)

ジャム
おでかけ〈キャンプ〉
おでかけ〈お散歩〉
おでかけ〈旅〉
おでかけ〈山登り〉
おでかけ〈others〉
キャンカー〈DOLQ...〉
CAMERA
PHOTO〈花〉
PHOTO〈風景〉
PHOTO〈others〉
SHOP
others
速報!?〈携帯より〉
リンク
以前の記事
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
東北地方太平洋沖地震より1週間が経ちました。
c0119819_16225769.jpg
11日の東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げます。
そして、被災された皆さま、ご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

あの日から、長い長い1週間が経ちました。
千葉の市川にある、苺ジャム家、みんな無事です。

苺ジャムは体調に変化はありません。
大きな揺れやようやく感じるような小さな揺れ、毎日のように鳴る緊急地震速報にソワソワしたり、まったく動じないときもあったり…とよくわからないのですが。

あの日から今日までのコトをダラダラと書いてみました。









c0119819_16232938.jpg
震災当日の午後2時45分ころ、ワタシはマンション住まいの我が家の隣に借りてる仕事部屋で、仕事をしながらカメラ友達と電話でおしゃべり中でした。
始めの小さな揺れのとき、すぐにフジカちゃん(石油ストーブ)を消したことと、大きな揺れの中、本棚から落ちてくる書類や本と、大きく揺れるモニタ…「(電話を)切るよ!」という友人に「切らないで〜!!」と叫んだコトを覚えています。
電話が切れてからは机の下に隠れ4階建てマンションの1階が駐車場で、ほぼ柱だけだということが頭に浮かび、苺ジャムとワタシはどうなってしまうのだろう??と恐怖でした。

揺れが止まってからは無我夢中でベランダつたいに隣の自宅に移動し(普段からベランダの仕切りを外し行き来してるので)、ガクガク震える手で苺ジャムにリードつけ、ずっと握りしめたままだった携帯、鍵、今から考えるとナゼ?という感じですが、う●ち袋を持って階段を駆け下りました。

近くのグランドに避難してから間もなく2度目の大きな地震。
震源地がどこなのかがわからず、携帯のワンセグでTVをつけると福島県沖、2度目は茨城県沖…。
前日にゴルフに出かけたダイちゃんが今日は茨城って言ってた!と思い慌てて電話するも、まったく通じず。
そんな中、大阪の母より携帯に電話があり、大阪からダイちゃんの携帯に電話してもらうことにしました。
母はたぶん何十回も、何時間も連絡してくれていただろうと思いますが、まったく通じず…日も暮れた頃、ダイちゃんから「電話がつながらん!大丈夫?」とメールがきました。
大丈夫?と聞くからには…ダイちゃんはとりあえず無事なのかな。と自分に言い聞かせ、夜10時頃、苺ジャムをクルマに乗せ、意を決して揺れる自宅に戻りました。

玄関は古新聞の山が崩れ、靴箱から靴が飛び出し、収納棚は崩壊し、廊下は大きな姿見が割れ、洗面所とトイレはぐちゃぐちゃ。台所は棚の上や中のものが落ち、食器が飛び出して割れていたのを余震の恐怖と戦いながら、ダイちゃんの帰りを待ちつつ、夜中までかかり全て片付け、苺ジャムをクルマに向かえにいきました。

午前2時過ぎ、ダイちゃんが無事、茨城から帰って来ました。
話を聞くと、地震の時は高速に乗ってすぐだったらしく、クルマはひっくりかえいそうなくらいの揺れで「もうダメだ〜!!」って思ったそうです。
高速道路はすぐに通行止めになり、大渋滞の中、約12時間かかったようでかなりヘロヘロでした。

そして、ワタシもたいしたコトはしていませんが、グッタリ疲れてしまったので、お布団に入りました。
すぐに寝付くことはできたのですが、眠りはとても浅く、眠りながらビクビクしていました(汗)。

翌日の土曜日は近くのホームセンターで日用品を買い、夕方ガソリンを入れようとしたら売り切れ。
スーパーやホームセンターもお水やレトルト食品、パンやおにぎりなど何もない状態でしたが、家の中からかき集めれば、普通にワタシたち夫婦と苺ジャムが2週間くらい食べていくだけのものがあるので必要なし。

日曜日はアム・クラフトTOKYOに入庫した我が家のドルクを見に行き、エルグランドからレーダー探知機を移設してもらうことになっていたので埼玉の鴻巣へ。
ガソリンの残量的に混まずにまっすぐ家に帰るのがギリギリかな?って感じだったので、スタンドに30分ほど並んで少しだけ給油しました。
夜、計画停電のコトが放送され、キャンプ道具から電気のランタンと、ヘッドランプを出し、充電式電池に充電し、停電するとマンションの水道が止まるので、水用のポリタンクに水を入れ、準備万端に。

月曜日はエルグランドくんの査定に3社来て、結局「1番じゃないといけないんですか!?」のCMのガリ●ーが高値をつけてくれたので決め、その場で契約。

火曜日は午前中はワタシ、午後はダイちゃんと、我が家に1台しかない自転車を順番に使い、それぞれ用事を済ませました。
自転車での移動中にスタンドを2つ、スーパーを2つ通りましたが、どちらも長蛇の列!みんな何を買うんだろう?と殺気立つ皆さんの横を余裕の顔で通り過ぎるも、不安になりました。
が、慌てて買うほど必要なものも思い浮かばず。

計画停電が発表されてからも我が家は停電することはなく、水曜日あたりから、TVを付けるのもやめ、少しずつ仕事をしはじめ、エルグランドくんが引き取られて行き、16日の夜に発表された東電の計画停電の表からうちが外され「??」だったのですが、昨日の木曜日、ようやく我が家も停電。結局、どうやらうちは第5グループのようです。
c0119819_16234777.jpg
そして、本日3月18日金曜日、ドルクが納車されました。
本当はこの3連休をどこに行こっか!などと言っていたのですが、こんな状況でどこにも行けないので、マンションの駐車場で車中泊でもしようかな?(笑)。

とりあえず我が家にできることを…節電節水はもちろん、暖房はつけず厚着をする。
必要でないものを買わない!そして、移動は徒歩・自転車・電車!!

最後に…ガソリン、灯油などの燃料が本当に必要とする方々のもとへ、一刻も早く届くことを願います。
そして、もう、これ以上悲しいことが起こりませんように…。



にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
[PR]
by nagomu_desu | 2011-03-18 16:47 | others
<< 我が家のNEW Style!【... 一括査定 >>