愛犬“苺&ジャム”のことや “ダイちゃん”と、ワタクシ “なごむ”の日常など。
by nagomu_desu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
苺ジャム(わんこ)

ジャム
おでかけ〈キャンプ〉
おでかけ〈お散歩〉
おでかけ〈旅〉
おでかけ〈山登り〉
おでかけ〈others〉
キャンカー〈DOLQ...〉
CAMERA
PHOTO〈花〉
PHOTO〈風景〉
PHOTO〈others〉
SHOP
others
速報!?〈携帯より〉
リンク
以前の記事
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
Skypeボタン
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
血小板減少症…か??〈追記アリ〉
c0119819_21323871.jpg
ちょっと更新が滞ってしまいました。珍しいことではないのですが ^^;
実は先月28日から苺さんが調子崩してしまって…持病の発作ではなく、ひどい血混じりの嘔吐と血便の全然食べず、飲まずなのに出ていくばかりで元気ナシのグッタリ。
苺もとても辛いらしく、眠れない日が数日間続いて(同時にワタシも眠れず離れられず)…入院したりもしましたが、やっと回復し、心配なくなってきたのでアップします。

あ、ワタシの覚え書きのようなダラダラの記録になっているので、どしどしスルーしちゃってくださいね〜。







c0119819_2137174.jpg先月28日の18時すぎから突然始まった嘔吐の繰り返し。食欲もまったくありませんでした。

日付が変わり29日3時、苺の嘔吐する声で目が覚め処理に行くと血が混じっていました。

いつもの定位置、ソファにもベッドにも上がらず眠れない様子の苺をウトウトしながら朝までみていました。
そして7時、血便。

←汚い字ですが、できるだけ書き留めてます。

病院へ行くのはもう少し様子をみてからとも思ったのですが、結局、朝ごはんにもまったく興味を示さず元気もなく、ちょっと気になったので早めに病院に行くことにしました。

病院では脱水症状気味ということで点滴をしていただいて、血液検査、嘔吐している間はお薬を飲ませられないので嘔吐&下痢止めの注射をしていただきました。

夕方、先生からのお電話で血液検査の結果を教えていただきました。
白血球の数値とリパーゼの数値が高いということでしたが、どちらもどうこうというほどの心配な数値でもないということでした。

夜はごはんを抜いて24時前、血便というよりも血!ってくらいの大量の血便をし、30日4時に同じような血だらけの便と嘔吐。
前日に先生からいずれにしても電話で様子を知らせてくださいと言われていたので電話すると、午前中に連れてきてください。ということでしたので、お昼前に連れていくことにしました。
結局、病院に行くまでにまた血便、食欲もなく水も全く飲まない。そして嘔吐。

病院に着いて前日の血液検査の結果をもう一度説明していただき、数値的にはあまり気になるところはないのですが、嘔吐と血便の様子が気になるということで入院し先生に看ていただくことになりました。

夕方と翌日の31日の朝の時点で、電話で先生に様子をお聞きしたところ、食欲もないですが、嘔吐も排便もないってことでした。
入院中、病院ではやっぱり水分を全然摂らないということで、点滴をしていただいて、血液検査もしたそうで、この日は「血小板の数値がすごく低いことが気になる」と、夕方におむかえに行ったときにいわれました。
家に帰り渋々でしたが少し夜ゴハンを食べ、少しだけ血便。

翌日の1日、相変わらずの食欲ナシですが、小皿に入れたお水を苺の前に置き格闘の末に少しだけ飲んでくれるようになりました。それでも1日に2杯程度。
ウンPはこの日あたりから血は少しだけの黒い海苔の佃煮状。少しだけマシになって来たかな〜って感じです。
ただ、やっぱりそのような状況では1日に必要な水分と栄養は全然摂取できてないということで、病院には2日3日と通いました。

病院からいただいた療法食を食べさせていましたが、美味しくないらしく、食欲もほとんどない。
胃に優しい「芋かゆ」を友人に勧められたので、先生に聞いてみたところ「そういうのも良いんだよ」って言われたので、とりあえずサツマイモを買ってレンジでしっかり火を通しすり潰し、一回一回ヨーグルトを混ぜペースト状にしたものをトッピングしました。
他にもツイッターでアドバイスをいただいた皆さん、ありがとうございました<(_ _)>

徐々に食べるようになって来て、徐々に眠れるようになって、徐々に元気になってきた苺。
1週間近く、お散歩も外出も控えていましたが4日にデイキャン in 道満グリーンパークのお約束があり、苺にかかりきりだったのでジャムのガス抜きにも参加したくて先生にお聞きしたところ「え!?1週間病院以外は外に出てなかったの!?」と驚かれました(笑)。ということで、先生から“OK”いただきました。

4日、約束の時間に間に合うくらいの時間に家を出ましたが、クルマに乗るまでにウンP。
ダイちゃん報告によると、佃煮状は変わりないけど、血はほぼ含まれてないということでしたが、おしりが汚れてしまってお尻洗い★
結局、約束の時間に遅れてしまいましたが、道満グリーンパークで過ごす苺の顔は久しぶりに見る明るい顔(TOPのPHOTO)。デイキャンの様子は後日アップしますね。
先に…ピーシャン家の皆さん、奈々ちゃん&芽衣ちゃんファミリーの皆さん、お世話になりました<(_ _)>

デイキャンでは日向ぼっことマッタリを堪能した苺さん。動いたということもありお水も自ら少しだけ飲んでくれましたが、やっぱり水分は足りず帰りに病院で点滴。
この日あたりから食欲が出てきたのか、お芋さん+ヨーグルトのペーストをトッピングしたごはんを食べてくれるようになりました。

翌日の5日、ダイちゃんはお友達と山登り。
本当はワタシも行く予定だったのですが、前日、デイキャンをしたのでその後の一日、苺の様子をみていたかったのでパス。病院も行かなきゃだしね〜。
病院では4日の朝からウンPナシと、食欲が出てきたこと、あげたら飲む程度ですが、こまめに与えてお水も飲み出したことを報告しましたが、先生からはこれまで数回の血液検査の結果でずっと“血小板の数値が上がらない”ことが気になるということを言われました。

半年前くらいに歯石取りをした苺ですが、その際の血液検査も、定期的に行ってる血液検査も血小板の数値に異常がなかったことから“血小板減少症”発症の可能性が高いとのことでした。

とりあえず食欲が出てきたし、水分補給もなんとか。血便も治まりつつあるので、消炎剤と抗生物質の投与で今週水曜日(8日)まで様子をみることになりました。

数値的にはかなり悪く、体のどこかが内出血していたり、鼻血が出ていたりしてもおかしくないそうですが、そのような症状は見あたらず、ただ、キャバリアにはとても多い病気で色々ネットで検索したところ治療が必要ない場合が多いそうですが、そのあたりはまた水曜日にお薬を投与しての検査結果を見て先生と相談していくことになると思います。

で、現在の苺さんですが、お芋さん+ヨーグルトペーストのおかげか、食欲もほぼ元にもどりました。
しばらく排便がなかったのですが、ダイちゃん報告では昨夜のお散歩で、ほとんど完璧なブツが出たそうです。

いつも苺を応援してくださってる皆さんにご心配おかけしたくなかったので、ほぼ復活の今、アップしました。
明日が“今週の水曜”で、病院に行き血液検査をして結果“血小板減少症”だった場合、今後のことは先生とお話してきますが、苺さんの顔も明るくなり、ベッドにも上がるようになったし、そんなに心配していません。皆さんも心配されませんように〜。結果は新たアップせず、このあとに追記で書こうと思っています。

--

昨日、病院に行ってきました〜。
検査の結果、水の補給が足りてないらしく、血が濃くなってる&貧血気味なので、頑張ってお水を飲ませるようにしましょうということでした。
ちょうど、病院前で排便したのでホカホカの状態で先生にみていただいたところ(笑)、まぁ、軟らかいものの黒い便(血の色)はマーブル状で入るくらいになったし、出血は止まってきてお腹の状態は回復してきているので、もう心配ないでしょうということです。

肝心な血小板の数値は、3日間お薬を飲んだ結果、変化がないということでした。
もう1週間お薬を服用し様子をみましょうということで、来週、もう一度検査に行ってきます。
先生からは、苺のもう一つの病院、東大で水頭症&脊髄空洞症の定期検診兼ねて、検査してみてはどうかと提案されました。

実は、東大の検査、しばらくサボっています。
なぜならば…毎回検査結果をみると、いつどうなってもおかしくない状態。と、いわれるからです(>_<)
数値やMRIの写真ではそうかも知れませんが「先生、4歳になったんですよ〜」って報告すると「5歳はちょっとね〜、難しいね〜」っていわれ、目の前で元気な苺をみながら、とても悲しくなってしまったのです。
もちろん、その通りなのかもしれませんが、飼い主としてはね〜...お薬の効果も得られず、何もできないってことが判明し、それ以降、少しずつ足が遠のいて、現在はしばらくサボっている状態です^^;

ホームドクターの先生的には苺の持病との関連はないと思うが、キャバリアに多いといわれる血小板減少症の数値、それにしても低すぎ…という結果だから気になるということなんです。
ある日突然鼻血が出て止まらない!なんてことになっても大変なので、検査を兼ねて相談してみてはと提案されたのです。今は、来週の検査の結果をみて、それもいいかもな〜と、考えています。
[PR]
by nagomu_desu | 2011-06-08 00:32 |
<< パノラマ台&パノラマ台登山道 2011年 GWの旅 vol.... >>