愛犬“苺&ジャム”のことや “ダイちゃん”と、ワタクシ “なごむ”の日常など。
by nagomu_desu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
苺ジャム(わんこ)

ジャム
おでかけ〈キャンプ〉
おでかけ〈お散歩〉
おでかけ〈旅〉
おでかけ〈山登り〉
おでかけ〈others〉
キャンカー〈DOLQ...〉
CAMERA
PHOTO〈花〉
PHOTO〈風景〉
PHOTO〈others〉
SHOP
others
速報!?〈携帯より〉
リンク
以前の記事
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
東大検査 2007.05.31
今日は苺の検査でした。

ちょっと長くなりますが、この“excite”に引っ越して来てから
ブログを読んでくださってる方に、ちょっと苺のことを書きたいと思います。

c0119819_18284770.jpg
ちょっと目の調子悪いです。






以前“ハートの危機”という記事で少し書いたのですが、
苺はキアリ奇形という頭の骨の奇形を持って生まれ“水頭症”と“脊髄空洞症”と
いう(頭と脊髄に水が溜まる)病気を生まれたとき既に患っていました(もちろん知りませんでした)。

苺がウチの子になって数日後、苺の少しおかしな行動が気になり始めました。
あごを突き上げ鼻でクンクンとニオイをかぐような仕草...だけども少し違う気がしました(のちにケイレンと判明)。
なんだかケイレンのよう...家から2分ほどの動物病院で説明し調べて欲しいと言ったけど、
普通の仕草だ、寝ている間のピクピクも子犬にはよくあることと言われスルー。
自分で犬を育てるのが始めてだったワタシは「気にしすぎなのか?」と思い帰ったが
日が進むにつれて、あごを突き上げクンクンそして尻もち!?

ちょうどその頃、苺が下痢をして同病院に連れて行ったら、触診も便の検査もせず、
説明もナシに注射をした先生を不審に思い、思い切って病院を変えた。
新しい病院の先生(現・ホームドクター)は注射するほどの下痢ではないという判断。
そして、偶然、診察台であごを突き上げクンクン...コレはオカシイ!!と先生はすぐに東大を紹介してくださり、検査。

東大で1ヶ月ほどの内科的治療で成果が得られず、外科的治療...すなわち手術。それがちょうど6ヶ月の頃。
奇形が原因で脳に水が溜まっているとすると、3週間もすれば減り始めていることが確認できる...ということだったが、
3週間後も、その1ヶ月後も、そして3ヶ月後も水の量は変わらず...でも増えもしなかった。
その後も5ヶ月に1度くらいのペースで大がかりな検査。
問題行動はイッパイある...エンゲ障害、体に走る痛み、しびれ、違和感、手足を噛む、頭を掻く。
それでも検査後の先生から言われる「現状維持」は私たちにとって嬉しいことだった。

しかし、今年3月のある日...苺が突然立てなくなり歩けなくなりました。
検査の結果、脳・脊髄、共に水の量が増えていて、脳圧があがるという発作を起こしていました。
その後、ステロイド投与で発作を抑えることができましたが、副作用で肝臓の数値が正常の何倍にも上がり、
先生からはステロイドを続けたくないので、可能ならば利尿剤onlyに切り替えるということでした。
ステロイドの量を徐々に減らしていき、利尿剤に切り替えて1ヶ月の今日まで発作は起きず、
利尿剤の希にあるという副作用が出ていないかの血液検査のため東大に行きました。

結果、血液に異常は見られませんでした。
利尿剤も徐々に減らして止め、様子をみるという話もありましたが、以前より頭・脊髄の水は増えているわけで、
発作がもう一度起こればまた手術しないといけないとのこと。
止めると発作が起きる可能性があるのならば続けたいと言うと先生も続けましょう。と。

そして最近、苺の問題行動はかなり激しいもので、頭を掻く・手を噛むは特に酷く両方とも赤らんでハゲてきています。
そこで今回、新薬を勧められました。てんかんに使われる“ガバペン”という錠剤で神経に作用する薬です。
水頭症・脊髄空洞症の治療では今回苺が始めてになるそうですが、海外ではもう使用されていて改善の報告があり、
日本の他の大学でも良い報告があがってるそうです。
2週間以内で効果が現れ、副作用の心配もほとんどないということで、2週間試してみることにしました。
苺の頭カキカキ、手カミカミがマシになり、副作用がなければ継続していくことになります。

長くなりましたが、ザクッと苺の抱えている病気のことを書いてみました。
病気のことをブログに書くと、なんだか重苦しい感じがして一時期、一切書かないようにしていたことがあります。
でも最近キャバリアにこの病気が多い。そして、この病気は遺伝性なモノだと先生に聞きました。
苺のような病気を持って生まれる子を作らないのが一番ですが、それはワタシのチカラではどうにもできません。
でも、このブログを見て参考になったりする方が1人でもいるのなら良いなと思います。

…が、子供の頃から“国語”が苦手のワタシ、文章を上手くかけず思いを伝えるのがヘタッピなので色々と心配です(笑)


--
今回、処方されたお薬。
イソバイド:利尿剤1日2回・1回6ml→2ヶ月分
ガバペン:抗てんかん薬1日2回・1回1/2錠→2週間分
c0119819_18282821.jpg

[PR]
by nagomu_desu | 2007-05-31 18:31 |
<< わんこヌキで。 陣馬の滝 >>