人気ブログランキング |

愛犬“苺&ジャム”のことや “ダイちゃん”と、ワタクシ “なごむ”の日常など。
by nagomu_desu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
苺ジャム(わんこ)

ジャム
おでかけ〈キャンプ〉
おでかけ〈お散歩〉
おでかけ〈旅〉
おでかけ〈山登り〉
おでかけ〈others〉
キャンカー〈DOLQ...〉
CAMERA
PHOTO〈花〉
PHOTO〈風景〉
PHOTO〈others〉
SHOP
others
速報!?〈携帯より〉
リンク
以前の記事
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
尾瀬へ '07 秋〈前編〉
10月18日23時過ぎ、車に2泊分の荷物とレンズ&カメラ、三脚をセットしたカバンと寝袋と夜食を載せ出発。
c0119819_1834915.jpg
今回は一人っきりの旅。目的地は“尾瀬”です。〈PHOTO:ブナ平の大原生林〉







東北自動車道、西那須野塩原ICまで2〜3回の休憩を入れて2時間。
そこからは真っ暗な道を走り、数個の農村を抜けて2時間弱で尾瀬手前の村“檜枝岐村”に着きます。
携帯の電波がつながるのはココまで。この村から先は一切電波なし。遭難しても救助も呼べない(笑)
檜枝岐村から御池までは10分程度の山道をウネウネ...御池から沼山峠まではマイカー規制しているので、
乗り入れができず、御池の有料駐車場(1回1000円)に車を停め、バス(片道400円)で沼山峠まで向かいます。
が、始発のバスまでは2時間ほど。ココで寝袋の登場!狭い車内で仮眠です。

仮眠と思っていたのに助手席を使って上手くフィットできガッツリ寝てしまった、起きたのは6時(^^ゞ
バスは30分ごとに出発しますが、6時半のバスは見送ることにし夜食用に作ってきたおにぎりとサラダで朝食。
c0119819_1843210.jpg
7時のバスにはご夫婦が1組とワタシだけ。
沼山峠までの道のり(15分くらい)は見事な紅葉。途中、ブナ平(TOPのPHOTO)で徐行してくれました。
c0119819_185453.jpg
沼山峠から“比較的”緩やかな山道を行くと突然、目の前が開け大江湿原につきます。
大江湿原から尾瀬沼まで平坦で緩やかなカーブの木道。木道は右側通行...といっても誰もいません。
c0119819_18517100.jpg
c0119819_1853432.jpg
大江湿原にて。
c0119819_1862098.jpg
尾瀬沼にて。

大江湿原から尾瀬沼のあたりで写真を撮り、沼尻まで尾瀬沼を半周、カメラをぶら下げたまま歩きました。
c0119819_186325.jpg
前回もココ撮ってます。今回は縦で。
c0119819_1864690.jpg

c0119819_1865880.jpg

c0119819_1871177.jpg
平日だからでしょうか、ほとんど人はいません。静かです。

沼尻に到着。
c0119819_1884924.jpg

c0119819_18132125.jpg

c0119819_18133263.jpg

c0119819_1437383.jpg

c0119819_18141811.jpg
ニッコウキスゲが咲いていた7月とは全く違う景色です。
沼尻で持ってきたおにぎりとゆで卵のランチ。尾瀬ではゴミを一切捨ててはいけません。全てお持ち帰りです。
ゆで卵は殻をむき、おにぎりも極力最小限にラップをしました。ゴミ袋はジップロックの袋タイプにしました。

今回も尾瀬沼ヒュッテに泊まるため、帰りのルートは尾瀬沼南岸道を通り尾瀬沼を一周しようと思っていたのですが、
“木道他の老朽化のため、ぬかるみがひどく大変危険になっています。植生の保護、歩行者安全のため
極力北岸道をご利用くださいますよう、お願いします”という看板が☆
ということで、帰りも同じ道を通ることにし、今度はマクロレンズを装着してゆっくり歩くことにしました。
c0119819_18152117.jpg

c0119819_18153324.jpg

c0119819_18154424.jpg

c0119819_18155546.jpg

c0119819_18161021.jpg

c0119819_18163073.jpg

c0119819_18164384.jpg
山小屋の方まで戻ってきたところで、黒い雲が漂ってきました。
“尾瀬は山岳地帯であり天候の急変はいつでも起こりえます”と注意があるくらいだし、一人でムリをしたくない。
初日から濡れたくもないし、風もかなり冷たいので山小屋にチェックインすることに。

通常4名〜の人数に使う部屋を一人で使わせてもらった。部屋には暖房器具がなく1人ではメチャメチャ寒い。
ロビーの横にある薪ストーブの前に座り支配人さんやお隣のお部屋の女性達と話をしながら
お風呂の時間まで過ごし、お風呂でしっかり体を暖めた。
夜ごはんは17時半から。前回も思ったけど、量もしっかりあって、ゴハンとお汁はおかわり自由。
今夜のゴハンはキノコごはん。オイシイんだよねー、山小屋dinner。

ごはんの後は翌日の準備をしてもう一度お風呂へ。かなり冷えるので十分暖まってからそのままフトンの中に。
19時前、電気つけっぱなしで寝てしまってはいけない...と思い、消すと次の瞬間には眠りの中へ(^^ゞ
目が覚めたのは21時、次に翌1時…いずれも時間を確認した次の瞬間には爆睡していたんだと思う。。。

〈後編〉につづく...
by nagomu_desu | 2007-10-25 15:30 | PHOTO〈風景〉
<< 尾瀬へ '07 秋〈後編〉 スイカジャムと苺みかん!?? >>